たちばな大木戸ひなた市

TOPへ

たちばな大木戸ひなた市とは

名古屋のてらまちでマチアソビをしませんか?歴史や文化に触れられるこのまちでマチアソビをしましょ。

橘町は、古くから名古屋の「てらまち」として、お寺や神社と共に栄えてきました。そんなまちが、毎月28日は今までにない顔を見せてくれます。地域の企業の協力のもと、ガレージマーケットとして、様々なクラフトや雑貨のお店が並び、キッチンカーからは芳しい香りが漂います。また、織田信長とのゆかりのある日置神社には、中区とは思えないほどの豊かな緑に包まれていただけます。地元住民に愛される特別な場所を、毎月28日にだけ、こっそりおすそ分けさせていただきます。

ガレージマーケット

静かな街にそびえる大きなガレージ中を覗けば全天候型マルシェ!!

大須商店街と東別院の間にあります橘町。
その本町通りに並ぶ仏壇街の真ん中で東西にそびえる大きなガレージ。そんなガレージの中で毎月28日に全天候型のマルシェを開催しています。江戸時代、この橘町は尾張二代藩主光友により小道具の専売特許を与えられ、多くの商売人がこだわりの物品を販売しておりました。
そんな『こだわり』をコンセプトに「作り手」と「お客様」が会話しながら お買いものをしていただけるガレージマーケット。雑貨や野菜、パン、お菓子、そしておいしい食べ物など、こだわりのてづくりの品が並びます。

日置神社

『たちばな大木戸ひなた市』の中心的存在でありこの橘地域の心の拠り所でもあり地元の方々からは『日置さん』として親しまれています。戦国時代には織田信長公も参拝した由緒正しい神社です。

「日置の杜」とも呼ばれるこの境内には龍神様の宿る御神木をはじめ数多くの木々があり四季折々の表情をみせる都会のオアシス的空間です。

どんぐり広場

下日置の子どもたちの遊び場

下日置地域の子供たちの遊び場でもある広場です。もとは日置神社の参道であり楠や桜などが植わっており春にはお花見も楽しめます。

MAP

GoogleMAPを開く

スポンサー

お知らせ

  •   2016.10.25 10月28日の出店者一覧

     10月28日のガレージマーケット出店者の皆さまです。■キッチンカータイペイシャオツーベビーダカフェmarco coffee serviceIl sole イルソーレWhoopie fritesオオニシ考房「い […]……続きを読む

  •   2016.10.25 出店者さまを追加しました!

    出店者一覧に出店者さまを追加しました! 今回追加したのは10月28日にも出店してくれる方々です。■キッチンカー ・移動ショップひまわり■クラフト ・布小物 mika ・~kaimakana~Lilly.K ・RURUぜひ […]……続きを読む

  •   2016.09.26 HP公開!!

    大変長らくお待たせいたしました! たちばな大木戸ひなた市のHPが新しくオープンいたしました!……続きを読む

Facebook

お問い合わせ

『名古屋山三郎一座』

江戸時代より神社仏閣などには芝居小屋が建ち、庶民の娯楽として芝居が楽しまれてきた歴史もございます。
ここ、日置神社周辺には徳川宗春公の時代から数多くの芝居小屋や寄席が存在し、名古屋の芸能の礎がこの界隈で築き上げられたようです。

『名古屋山三郎一座』

2016年4月29日、円頓寺商店街にオープンする「ナゴヤ座」専属の一座。

名古屋山三郎、名古屋山之助、名古屋三平太の三名からなり、ど迫力のカブキエンターテイメント「ナゴヤ歌舞伎」を公演。突如、円頓寺商店街に現れたが、その実態は未だ謎に包まれている。

×

『スアラ・スクマ』

数々の島で構成されているインドネシアの中でもいまや世界的なリゾート地としても日本人にも馴染みのあるバリ島生まれの青銅製の打楽器「ガムラン」による奉納演奏です。インドネシア各地でもガムラン演奏はありますが、とりわけバリのガムランはテンポやダイナミックスの変化も激しく複雑です。島民の信仰するバリ=ヒンズー教の寺院の祭礼や冠婚葬祭、あるいは観光客向けの民族舞踊の伴奏として盛んに演奏されています。

『名古屋バリ・ガムラングループ スアラ・スクマ 』

松井克宏主宰。2001年結成。名古屋市千種区覚王山に専用スタジオを構え、ライブやイベント出演、創作舞台やオリジナル楽曲制作、日本の竹を使った楽器製作と演奏など、年間50本程のライブ活動を行う。一糸乱れぬガムランサウンドがスアラ・スクマの持ち味。未経験者でも親しめるようワークショップを随時開催。老若男女問わずメンバー大募集中!

×

『yujiman(榎本裕二)』

1972年、宮崎県生まれ。
学生時代、ロック、ファンクのギター奏者として活動後、1995年、ニューヨークに渡米(留学)。
その後、民族音楽に魅せられ、1998年より、パーカッショニストとして活動開始。
1998年7月~8月にかけ、「BIG NOISE ONE 西日本ツアー」のメンバーとして、ラティール・シー、ワガン・ンジャイローズなどと共に演奏。
1998年10月には、ピアニストの岩崎大輔の率いるバンドでBULE NOTE福岡に出演し、好評を博す。
その他、佐藤充彦(P)の”ランドゥーガ”や、元スターリンのボーカル遠藤ミチロウとのセッション、
ボサノババンド、スカバンド等にも参加し活動中。
1999年8月、世界的なジェンベ奏者ママディ・ケイタの命名を受けたアフリカンバンドFOLIKANで活動開始。
1999年12月~2000年2月、西アフリカのギニアで行われたママディ・ケイタのワークショップで修行。

×

『安藤鮎子』

古今東西、今昔、洋から和までジャンルを問わず横断し、人間けもの、もののけまでも、なんでもござれのダンスパフォーマー。
森羅万象あらゆるものをひもとき独自の世界を表現する。
10代で演劇をはじめ、モダンダンスに出逢う。歌舞伎役者でもある原智彦氏のもと日本的身体技法や表現を学び、数々の舞台作品に出演する。代表的なものに、パンク歌舞伎、ニワトリパフォーマンスがある。
最近は盆踊りの振付にハマっている。

×

『morning set』

ASUKAとNORIの2人による音楽ユニット。
民族楽器の即興演奏からギターとloopマシンを駆使したフリーなジャムセッション、ダンサンブルなクラブミュージックまで飲み込んだ独自のスタイルでジャン ルレスなgrooveを追求している。 特にライブでは「ギターloop、民族、クラブ」の 3つのライブStyleを持ち、2人とは思えない音世界を作り出す。
現在はこの3つのStyleで、名古屋を中心に全国様々な 野外&クラブイベントに 参加。 2002年9月にはNYにて2週間Street Live(民族楽器)を行い好評を得る。
音源制作ではクラブtrack以外にも、民族楽器のみの音源など多種多様な音源を 発表。生演奏とデジタルの絶妙なバランスで個性的なTRACKを作り出している。 また2007年からレコーディングスタジオ『studio dubreel』を立ち上げ、自身や 他アーティストの制作活動も積極的に行う。
morning setはライヴや音源によってかなり印象が変わるが、一貫してコンセプ トは気持ちいい音、grooveである。

×